PR

ライフ ライフ

秋までに変異株ワクチン 英大とアストラゼネカ

「コロナウイルスワクチン」のステッカーが貼られた英アストラゼネカの薬瓶=2020年10月(ロイター)
「コロナウイルスワクチン」のステッカーが貼られた英アストラゼネカの薬瓶=2020年10月(ロイター)

 【ロンドン=板東和正】英製薬大手アストラゼネカと英オックスフォード大の担当者が3日、新型コロナウイルスの変異株に対応できるワクチンを今年秋までに準備したいとの考えを示した。英BBC放送などが報じた。担当者によると、比較的短い期間で変異株に対応できるワクチンを開発できるという。

 変異株向けのワクチンをめぐっては、英製薬大手グラクソ・スミスクライン(GSK)とドイツのバイオ企業キュア・バクも同日、共同開発に乗り出すと発表した。2022年の実用化を目指す。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ