PR

ライフ ライフ

米国は一般薬局でもワクチン接種 11日から

米マイアミで新型コロナウイルスのワクチン接種を受ける高齢者=1月12日(ゲッティ=共同)
米マイアミで新型コロナウイルスのワクチン接種を受ける高齢者=1月12日(ゲッティ=共同)

 【ワシントン=住井亨介】バイデン米政権は2日、新型コロナウイルスのワクチンの接種を11日から一般の薬局やスーパーマーケットでも始めると発表した。

 発表によると、まず6500店舗に連邦政府が直接ワクチン100万回分を供給する。ワクチンメーカーの供給能力が追い付けば、最終的には4万店舗に拡大させる。

 接種はこれまで各州や地方政府が主導し、公共施設など特定の場所でしか接種が受けられずワクチンの普及が進んでいなかった。連邦政府が大手薬局などと組むことで、ワクチン供給の幅を広げることができる。政府高官は記者会見で「アクセス先を広げることで容易に予約を取り、接種を受けられることになる」と強調した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ