PR

ライフ ライフ

確保と運用可の病床数大幅乖離、使用率跳ね上がる 京都

 ■学習院大の鈴木亘教授(医療経済学)の話 「確保病床のみを把握するという当初の調査自体がずさんだった。実態に即した数字が把握できなければ適切な対策は打てない。余っている人員や病床を活用できていないケースもあり、府県をまたいだ入院調整を図るなど、協力体制の構築が必要だ」

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ