PR

ライフ ライフ

【TOKYOまち・ひと物語】ボディビルのレジェンド、宮畑豊さん 作り上げた肉体改造の聖地

障害者も多数指導

 そうした成果が評価され、サンプレイには障害者も多く訪れる。2016年リオパラリンピックでパラパワーリフティング5位に入賞した三浦浩選手は教え子だ。約900人の会員のうち数十人は障害者で、中には歩けるようになり、車いすが不要になった会員もいるという。スタッフの一人は宮畑さんについて「個人に合わせたメニューを考案でき、人を見る目が神懸かっている」と称賛する。

 現在、トレーニング指導とともに注力するのがシニアの体操講座。これまで日野市や埼玉県三郷市などで約3800人ものシルバー向け指導者を育成した。コロナ禍で指導の機会も減っているが、「コロナのような状況だからこそ体力づくりが大切だ」と意気込む。

 夏には傘寿を迎えるが、「これからも体に気を付けながら変わりない指導を続けていきたい」。その意欲は衰えない。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ