PR

ライフ ライフ

【しずおか・このひと】令和2年度静岡県文化奨励賞受賞 染織家、稲垣有里さん(47)「モノを作る大事さ伝えたい」

 --感動したことは

 「3年前に子供の手芸教室を始めました。個人レッスンを通して編み物ができるようになったりするなど、子供たちが技術だけでなく人との交流の仕方などを覚えるといった、心の成長ぶりも確認できる場面に日々遭遇し、感動しているんです」

 --尊敬する人は

 「8年前に県工芸家協会の会長をしていたときに亡くなった彫金作家の中山ヤスコさん。美しいモノを見抜く力のあった方で、私をはじめ若手に作家としての生き方を教えていただき、大変感謝しています」

 --今後の取り組みは

 「モノを作ることが大事であることを子供のころから教えていきたい。その一環として今春からは週1回の予定で、アトリエを教室終了後に子供たちに開放したい。本物の材料、道具を使って、手芸などを体験してもらう予定です」

■いながき・ゆり 静岡雙葉高を経て女子美術大工芸科織専攻卒業。同大元名誉教授の寺村祐子氏に師事して植物染織を学び、着物や帯などを中心に制作。県工芸家協会副会長などを務める。平成22年に静岡市芸術文化奨励賞。27年、紺屋町地下街に染織・手芸教室「YUTORI ART&CRAFT」をオープン。デンマークでの個展、アフリカ・ルワンダでの女性就労支援指導など海外での活動経験もある。静岡市出身。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ