PR

ライフ ライフ

山梨県とシミック、ワクチン接種態勢で連携 消防団にも協力要請

新型コロナウイルスのワクチン接種態勢整備で連携協定を締結した山梨県の長崎幸太郎知事(左)とシミックホールディングスの中村和男会長=1日、県庁(渡辺浩撮影)
新型コロナウイルスのワクチン接種態勢整備で連携協定を締結した山梨県の長崎幸太郎知事(左)とシミックホールディングスの中村和男会長=1日、県庁(渡辺浩撮影)

 山梨県と医薬品開発支援大手のシミックホールディングス(東京)が1日、新型コロナウイルスのワクチン接種態勢整備を目的とした包括連携協定を締結した。シミックがワクチン接種で自治体と協定を結ぶのは初めて。

 シミックは県の接種計画策定を支援し、会場に社員を派遣するなど運営をサポート。接種を受けた人の相談をコールセンターで受けるほか、接種記録を電子データで管理する。

 コロナ収束後も両者が地域の健康増進で協力する。県はまた、高齢者が確実に接種を受けられるよう、会場での案内、介助について、県内の消防団に協力を要請した。

 県庁での締結式に臨んだ長崎幸太郎知事は「ワクチン接種を進めるためには、シミックのような民間企業や消防団のような地域社会の協力が重要」と意義を強調した。

 シミックは北杜市に研究拠点を持つなど山梨と縁が深い。甲府市出身の中村和男会長は「山梨県はコロナをうまくコントロールしている。私どもが持っているノウハウやツール、仕組みを提供したい」と語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ