PR

ライフ ライフ

北海道で5人死亡、104人感染

北海道庁
北海道庁

 北海道と札幌、小樽の両市は31日、道内で新型コロナウイルスに感染した5人が死亡し、新たに104人の感染が確認された。このうち札幌市発表分は新規感染者58人。同市によると、障害者施設で感染者が16人増えて計36人となるなど既存のクラスター(感染者集団)が拡大した。

 道は同日、旭川市で感染者1人を重複して集計していたとして、道内の累計感染者数を修正した。道内の死者は計602人、感染者は延べ1万7445人(実人数は1万7400人)となった。

 また、旭川市は同日、昨年11月6日に発生した「吉田病院」のクラスターが収束したと発表した。同病院の感染者は計214人。院内での感染拡大を受け、12月9日から2週間にわたり自衛隊の支援を受けた。

 31日に死亡が確認されたのは、小樽市・60代女性▽道発表分・70代男性▽同・80代男性▽同・90代女性▽同・年代と性別非公表-の5人。

 新たな感染者は、札幌市58▽小樽市9▽石狩地方18▽後志(しりべし)地方5▽胆振(いぶり)地方4▽檜山地方3▽オホーツク地方1▽十勝地方1▽釧路地方5-の104人。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ