PR

ライフ ライフ

英国型と別の英国系変異ウイルス 東京医歯大入院の3人、市中感染か 

国立感染症研究所が分離した、英国由来の新型コロナウイルスの変異種(同研究所提供)
国立感染症研究所が分離した、英国由来の新型コロナウイルスの変異種(同研究所提供)

 東京医科歯科大は29日、昨年11月下旬から12月下旬に同大付属病院に入院した新型コロナウイルスの患者3人の検体から、現在問題となっている英国型などの変異とは異なる海外由来の変異したウイルスが検出されたと発表した。いずれも海外渡航歴がなく、市中感染と考えられるという。うち2人は重症化しているが、同大は「感染性や病原性については現時点では判断が難しい」としている。

 3例は、欧米などで流行が確認されている英国系統で、ウイルスの感染性に関わるとされる「スパイクタンパク質」の遺伝子に複数の変異が入っている。ただ英国型や南アフリカ型などで報告されている感染性を高めたりワクチンへの効果が懸念されている変異は確認されていないという。

 同大が昨年7月以降、調査のため新型コロナ入院患者の検体についてウイルスの遺伝子解析を行う中で見つかった。

 同大は「現在の日本国内流行株の変遷に影響を及ぼす可能性がある」としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ