PR

ライフ ライフ

国公立大2次志願倍率0・6倍 中間集計、異例の低さ…コロナ影響か

文部科学省
文部科学省

 文部科学省は29日、国公立大の2次(個別)試験志願状況の中間集計を発表した。同日午前10時現在の志願者数は前年同時期より3万280人少ない5万5473人で、募集人員に対する倍率も0・6倍(前年同時期0・9倍)という異例の低さになった。出願は2月5日まで。

 同省の関係者は低倍率の原因について、「新型コロナウイルスの影響で直前まで試験方法を変更する大学が相次ぐ中、感染状況などをぎりぎりまで見定めて判断する受験生が多いのではないか」と推測している。

 集計によると、国公立別の志願者数は国立大(82大学392学部)が4万1882人、公立大(90大学202学部)が1万3591人。独自日程で試験を実施する国際教養大(秋田県)と新潟県立大は含んでいない。

 学部別で志願倍率が高いのは、国立大の前期日程では東京芸術大美術の7・2倍、後期日程では京都大法の7・8倍、公立大の前期日程では東京都立大法の2・5倍、後期日程では東京都立大人文社会の6・9倍-などだった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ