PR

ライフ ライフ

囲碁十段戦挑戦者に許家元八段

「大和ハウス杯 第59期十段戦」の挑戦者決定戦で、許家元八段(左)は余正麒八段を破り五番勝負進出を決めた
「大和ハウス杯 第59期十段戦」の挑戦者決定戦で、許家元八段(左)は余正麒八段を破り五番勝負進出を決めた
その他の写真を見る(1/3枚)

 囲碁の「大和ハウス杯 第59期十段戦」(産経新聞社主催)の挑戦者決定戦が28日、東京都千代田区の日本棋院で行われ、許家元(きょ・かげん)八段(23)が余正麒(よ・せいき)八段(25)を破り、初の五番勝負進出を決めた。許八段は20人で争われた本戦で王銘●(=王へんに腕のつくり)(おう・めいえん)九段や羽根直樹九段、井山裕太三冠、張栩(ちょう・う)九段に勝利した。

 許八段は台湾出身、高林拓二七段門下。平成25年にプロ入りし27年に新人王戦で優勝。30年には初の七大タイトルである碁聖戦に挑戦、当時7冠を独占していた井山に3連勝のストレート勝ちし碁聖を獲得した。令和元年に天元戦、2年には王座戦に挑戦している。昨年は36勝23敗で、日本棋院所属棋士の勝利数で3位だった。

 初防衛を目指す芝野虎丸十段(21)とのシリーズは3月2日、大阪府東大阪市の大阪商業大学で開幕する。対戦成績は芝野7勝、許5勝。

 なお例年、同大で開催してきた大盤解説会は、新型コロナウイルの感染拡大を防ぐため今回は実施しない。

囲碁 ライブ中継中(Windows版のみ)手順のみ

囲碁 ライブ中継中(スマホ観戦ビューワ)

※初めてご利用の方は対局・観戦アプリ「SANKEI-EGG」をインストール(無料)してからご利用ください。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ