PR

ライフ ライフ

両陛下、オンラインで熊本の豪雨被災地お見舞い 

昨年7月の豪雨災害で被災した熊本県の自治体関係者や被災者らと画面越しに懇談される天皇、皇后両陛下=27日午後、赤坂御所(宮内庁提供)
昨年7月の豪雨災害で被災した熊本県の自治体関係者や被災者らと画面越しに懇談される天皇、皇后両陛下=27日午後、赤坂御所(宮内庁提供)

 天皇、皇后両陛下は27日、昨年7月の豪雨で多数の死者が出るなど甚大な被害を受けた熊本県と、お住まいの赤坂御所をオンラインでつなぎ、被災状況を視察するとともに、自治体の関係者や被災者と懇談された。新型コロナウイルス禍で、両陛下は昨年からオンラインによる地方視察に臨まれているが、被災地のお見舞いは初めて。

 熊本側は、県庁(熊本市)と人吉市、八代市、球磨(くま)村、芦北町の全5会場を設定。密集を避け、マスクを着用するなどの感染対策を徹底し、蒲島郁夫(かばしま・いくお)知事と4自治体の首長、被災者に加え、災害対応に尽力した自衛隊や警察、消防関係者ら計約15人が各会場に分かれて参加した。

 両陛下は蒲島知事の説明の後、豪雨で氾濫した球磨川流域の被災当時の状況と、現状を映像でご覧に。その後、被災者らと画面越しに言葉を交わされた。

 犠牲になった妻のまさ子さん=当時(67)=の遺影とともに参加した芦北町の矢野解光(ときみつ)さん(74)に、天皇陛下は「お寂しさもいかばかりかとお察しします」と寄り添われた。皇后さまはヘリで救助活動に当たった消防関係者を「何度も出動されて、たくさんの方を救助されたんですね」とねぎらわれた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ