PR

ライフ ライフ

問診で相談続々、経過観察に30分… 川崎のワクチン接種訓練ルポ

 川崎市立看護短期大(同市幸区)で27日に行われた新型コロナウイルスのワクチン接種会場運営訓練。医療関係者や市職員らが参加し、3密(密閉、密集、密接)回避や換気を徹底して行われた。各地の自治体が接種開始に向けて準備を進めているが、どのような課題が浮かび上がるのか。(玉崎栄次)

予診票16項目

 訓練は午後1時から約2時間にわたり実施。会場となった短大の体育館は約250平方メートルと「どこの自治体にもある平均的な広さ」(市担当者)で、シートが敷かれた床には赤いテープで動線が示された。換気のため扉や窓は常時開放され、接種希望者役となった約20人の高齢者を迎えた。

 実際の接種では事前予約が必要。会場に到着した高齢者は体育館後方の入場専用口から入り、職員の案内で前後の間隔を空けて受け付けの順番を待った。

 受付には職員3人が待機。高齢者一人一人に非接触型の体温計で検温を行い、自治体から届く接種券(クーポン券)と身分証明書の提示を求めた。37度5分以上の熱がある人は会場には入れない。本人確認後、予診票と体温計が手渡される。

 3メートルほど進むと、15脚の椅子が1メートル間隔で3列に並ぶ。そこに座ってわき下で検温する傍ら、会場で用意されたペンを使い、予診票で持病や投薬の有無、当日の体調など16項目をチェックする。職員は椅子が空くたびに消毒を行っていく。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ