PR

ライフ ライフ

沖縄・宮古島で爆発的感染 10万人当たり東京の4倍 事実上ロックダウンに

新型コロナウイルス(オレンジ色)の電子顕微鏡画像=米国立アレルギー・感染症研究所提供
新型コロナウイルス(オレンジ色)の電子顕微鏡画像=米国立アレルギー・感染症研究所提供

 沖縄県は27日、離島の宮古島市で新たに33人の新型コロナウイルス感染者が確認されたと発表した。同市では26日にも34人が感染。同日までの直近1週間で人口10万人当たりの新規感染者数が201・4人(発表分)となり、都道府県別で最も多い東京(54・5人)の約4倍となった。

 爆発的な感染拡大で医療提供体制が逼迫(ひっぱく)しており、同市は公園や図書館など公共施設を閉鎖したほか、市民の外出、島外への移動、観光客らの来県-の自粛を要請した。事実上、ロックダウン(都市封鎖)に近い状況となっている。また、県立宮古病院はコロナ対応に集中するため、一般外来を中止した。

 県によると、県内の27日の新規感染者数は過去2番目に多い131人で、このうち同市が約25%を占めた。県は、宮古病院に看護師らを派遣するなど支援に努めている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ