PR

ライフ ライフ

北海道で6人死亡、147人感染 函館少年刑務所でクラスター発生

北海道庁
北海道庁

 北海道と札幌、旭川、小樽、函館の各市は27日、道内で新型コロナウイルスに感染した6人が死亡し、新たに147人の感染が確認されたと発表した。新たなクラスター(感染者集団)が函館市の函館少年刑務所と札幌市の障害者施設で発生したことも明らかにした。また、小樽市では私立高校のクラスターなどが拡大した。

 函館市によると、函館少年刑務所の感染者は職員2人と入所者4人の計6人で、いずれも軽症か無症状。同市では、今月中旬からクラスターの発生が相次いでいる。

 札幌市によると、障害者施設の感染者は従業員3人と入所者11人の30~70代計14人で、いずれも軽症か無症状という。

 道内の死者は計585人、感染者は延べ1万7010人(実人数1万6965人)となった。

 27日に死亡が確認されたのは、札幌市1▽函館市2▽道発表分3-の6人。

 新たな感染者は、札幌市50▽旭川市8▽小樽市35▽函館市14▽空知地方1▽石狩地方20▽後志(しりべし)地方1▽胆振(いぶり)地方8▽渡島地方1▽留萌(るもい)地方1▽オホーツク地方2▽十勝地方3▽釧路地方3-の147人。新規感染者が札幌市で減少基調となる一方、同市以外で感染者が多く確認されている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ