PR

ライフ ライフ

白浜AW、赤ちゃんパンダ誕生2カ月 公開は来月以降

前足で踏ん張って上体を起こす行動を見せるパンダの赤ちゃん=24日(アドベンチャーワールド提供)
前足で踏ん張って上体を起こす行動を見せるパンダの赤ちゃん=24日(アドベンチャーワールド提供)

 和歌山県白浜町のレジャー施設「アドベンチャーワールド(AW)」で昨年11月22日に生まれたジャイアントパンダの雌の赤ちゃんが生後2カ月を超え、大きく成長している。体重は、誕生時の157グラムから今月25日には3キロに達した。ただ、新型コロナウイルスの影響で公開は遅れており、AWは11都府県で発令されている緊急事態宣言が解除された後、改めて公開の日程を明らかにするとしている。

 赤ちゃんは体重157グラム、全長20・5センチで誕生。昨年12月22日に体重が1キロを超え、今年1月7日には両目がしっかりと開いた。10日には体重が2キロを超え、生後2カ月となった22日には全長56センチ、体重2890グラムにまで大きくなった。25日には体重がちょうど3キロに達した。

 前足で踏ん張り、上体を起こす行動も頻繁に見られるようになった。AWによると、この行動は人間の赤ちゃんの「ハイハイ」のようなもので、この後、後ろ足も踏み出せるようになり、生後3カ月ほどで歩けるようになるという。

 誕生後すぐはピンク色の体だったが、毛が生えそろい、パンダ特有の白黒カラーがはっきりとしている。

 公開は当初、昨年内を目指していたが、新型コロナの感染が拡大したため、年明けの1月中旬以降で調整。しかし、1月に東京など首都圏4都県、大阪など関西圏を含む7府県に相次いで緊急事態宣言が出されたことから、AWは方針を転換。解除後に公開の日程を明らかにするという。

 緊急事態宣言の期間は当面2月7日までのため、公開は早くても2月になるとみられる。

 赤ちゃんの日々の姿は、動画投稿サイト「ユーチューブ」のAW公式チャンネルでアップされて人気を集めており、ファンらは公開を待ち望んでいる。広報担当者は「赤ちゃんはすくすくと成長しており、元気な姿をお見せしたい」と話している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ