PR

ライフ ライフ

生態系に君臨するトップ・プレデター「ヨコヅナイワシ」 新種の巨大深海魚

新種として報告された巨大深海魚「ヨコヅナイワシ」(JAMSTEC提供)
新種として報告された巨大深海魚「ヨコヅナイワシ」(JAMSTEC提供)

 海洋研究開発機構(JAMSTEC)は25日、静岡県沖の駿河湾でセキトリイワシ科の深海魚の新種を発見したと発表した。全長1・4メートル、重さ25キロに達する同科最大の種で「ヨコヅナイワシ」と命名した。

 同機構によると、平成28年に、駿河湾の水深約2171~2572メートルの深海で、明るい青色のうろこを持ち、深海魚シーラカンスを思わせる外見の4匹の個体を採集した。いずれも雌で、頭部の特徴や遺伝子解析などの結果、セキトリイワシ科の一種と分かった。

 うろこの列数や目の大きさなどの特徴が他種と異なっていたことなどから新種と判断した。90種以上確認されているセキトリイワシ科の平均的な大きさは30~40センチ。ヨコヅナイワシは通常の4倍に近い。また、胃の内容物の解析や映像記録などから、ヨコヅナイワシは魚食性で高い遊泳能力を持つと分析。同機構は、捕食者として生態系の頂点に君臨する「トップ・プレデター」とみている。

 トップ・プレデターは環境変動の影響を強く受けやすく、生態系の保全の観点からも、その理解は欠かせない。同機構の藤原義弘上席研究員は「駿河湾というよく研究された場所で、これだけ大きな魚が見つかっていなかった。まだまだ私たちの知らない生物多様性がある」と話している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ