PR

ライフ ライフ

坂井副長官「河野氏と齟齬はない」 ワクチン確保方針で説明

会見に臨む坂井学官房副長官=22日午後、首相官邸(春名中撮影)
会見に臨む坂井学官房副長官=22日午後、首相官邸(春名中撮影)

 坂井学官房副長官は22日午後の記者会見で、新型コロナウイルスのワクチン確保の見通しをめぐり、6月までに全国民分の確保を見込むとした自身の発言を河野太郎ワクチン担当相が同日修正したことについて「今年前半までに全国民に提供できる数量の確保を目指す方針に何ら変更はない」と述べた。

 坂井氏は、河野氏の発言の意図を事務方を通じて確認したところ、「薬事承認されたワクチンがない現段階で、供給スケジュールは固まっておらず、具体的な確保の見込みが立っているわけではない」ということだったと説明。その上で「どの自治体にいつ頃ということは定まっていない」とし、「齟齬(そご)は生じていないと感じている」と述べた。

 坂井氏は21日午後の会見で「今年6月までに接種対象となる全ての国民に必要な数量の確保を見込んでいる」と発言。これに対し、河野氏は22日午前の会見で「情報の齟齬があった」として坂井氏の発言を修正した。齟齬が生じた理由については「古い情報が紛れ込んだ」と説明した。

 政府の新型コロナ基本的対処方針では、今年前半までに全国民に提供できる数量の確保を目指すとしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ