PR

ライフ ライフ

千葉県教委、教員ら不祥事で5人懲戒処分 わいせつ事案は4カ月連続

 千葉県教育委員会は20日、教員ら5人の懲戒処分を発表した。このうち県北西部の公立小学校の男性教員(61)は、教え子の男子児童3人にわいせつな行為をしたとして懲戒免職処分。今年度に入り、わいせつやセクハラ行為による教職員の懲戒処分は9件目で、10月以降は4カ月連続となった。

 県教委によると、男性教員は昨年10月下旬ごろから11月26日までの間、休み時間に指を男子児童の尻に突き刺したり、授業中にわいせつな言動をするなどした。男子児童のうち1人の保護者から教頭が相談を受けて発覚。男性教員は「子供たちと信頼関係を築きたかった。下ネタが一番手っ取り早かった」と釈明しているという。

 このほか、県中央部の県立高校の男性教諭(56)は11月中旬、校内の準備室で教育実習中の女子大生を指導する際、ゴミ箱を蹴って足にぶつけたほか、「『はい』じゃねえよ」などと高圧的な言動を繰り返し、減給1カ月(10分の1)となった。

 一方、県立中央博物館の男性上席研究員(61)は11月下旬、必要な手続きを取らずに県外の公立博物館で講演を行い、報酬として5万円を受け取るなどして減給1カ月(10分の1)となった。男性は「手続きが煩雑なのでやった」などと話しているという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ