PR

ライフ ライフ

【TOKYOまち・ひと物語】30周年のサンリオピューロランド 実った大人女子へのPR

培ってきた場所の力を「『みんななかよく』の為に使っていきたい」という小巻亜矢館長(サンリオエンターテイメント提供)
培ってきた場所の力を「『みんななかよく』の為に使っていきたい」という小巻亜矢館長(サンリオエンターテイメント提供)
その他の写真を見る(1/2枚)

 ハローキティ、マイメロディ、シナモロール…。たくさんのかわいいキャラクターたちに会えるサンリオピューロランド(東京都多摩市)。小巻亜矢館長(61)は「多様な在り方を受け入れ、心の栄養となる場所」と魅力を語る。他人を思いやり、互いに手を差し伸べ合う「みんななかよく」を体現する同館から、その心を世界に向けて発信していく。(鈴木美帆)

 昨年12月に30周年を迎えた同館は、国内初の屋内型テーマパークとして、平成2年に誕生した。

 昭和35年創業のサンリオの理念「みんななかよく」にひかれて入社した小巻さん。結婚を機に退社し、子育てなどを経て関連会社に復職した。自分なりに「みんななかよく」の哲学に触れたいと、心理学やコミュニケーション、自己論など「人」に関しても学んだ。

 小巻さんが久しぶりに同館を訪れたのは、来場者が伸び悩み、「サンリオのお荷物」と揶揄(やゆ)されていた時期だった。「ショーはとても感動的なのに残念だな」と、もどかしさを感じた。「伸びしろはたくさんあると、励ましたい一心」で、サンリオの辻信太郎会長(当時社長)に改善点を直訴。その熱意から再興を託され、平成28年に館長に就任した。

多様なファン受け入れ

 「スタッフの連携が取れたらすごいパワーになる」と考え、コミュニケーションの活性化やスキルアップを目指し、対話のワークショップや朝礼を導入した。

 朝礼は効果が見えづらく、アルバイトも含めた全員参加を求めていたため反対もあったが、毎日継続することで「みんなで一つのテーマパークを作っているという実感が生まれた」。今ではダンサーが振りつけを教えたり、レストラン担当がメニューの説明をしたりと、担当の壁を越えた情報共有の土壌が育まれ、大きな力になっている。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ