PR

ライフ ライフ

【日本語メモ】「選考」「先行」…同音異義語「せんこう」はいくつある?

 二十数年ぶりに校閲の仕事に戻って2カ月。昔は紙と赤鉛筆を持ち2人一組で読み合わせとかをやっていた記憶があるのですが、今は作業手順がPC画面をにらみながらの作業に変わり、戸惑いを隠せません。しかしながら赤字のない、読者に信頼される紙面作りに貢献するという目的は変わりません。皆さんに助けていただきながら、ようやく慣れてきたところです。

 それはさておき、先日「選考抽選販売」という表記を目にしました。さすがに「先行」の変換ミスだろうと該当団体のホームページを確認したところ、やはり「先行」でした。手書き原稿の時にはなかったであろう赤字と言えるのではないでしょうか。

 これを機に勉強しようと産経ハンドブックを開いて 「せんこう」のところを見ると、いろいろ出てきました。「先行」「先攻」「専行」「専攻」「潜行」「潜航」「閃光」「穿孔」は、なじみがあると思います。しかし「選衡」「銓衡」「詮考」となると見かける回数は激減、 「銓衡」 なんて恐らく見たことありません。ハンドブックによると、 これらは いずれも「選考」に表記変更せよとのことです。あと(注)として「金利選好」「選好度調査」などは別と書いてあります。

 ちなみに部室にある三省堂「大辞林」(第三版)で「せんこう」を引いてみると「千行」「先公」「先后」などなど30項目ほど出てきました。漢字で見ればなんとなく意味は通じますが、会話だと使わない言葉も多いですね。「浅紅」と「鮮紅」、どちらも読みは「せんこう」ですが、意味的には印象の異なる紅になるのもおもしろいです。

 ふと思ったのですが、中学生くらいの時に学校の先生のことを「せんこう」と言っていませんでしたか。漢字なら「先公」でしょう。 今の学生も「先公」なんて言っているのでしょうか。言ってなさそうな気もします。ひょっとしたら死語になっているかもしれませんね。(が)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ