PR

ライフ ライフ

北海道で7人死亡、192人感染 函館で過去最多更新

北海道庁
北海道庁

 北海道と札幌、旭川、小樽、函館の4市は16日、道内で新型コロナウイルスに感染した7人が死亡し、再陽性1人を含む192人の感染が確認されたと発表した。道内の死者は計534人、感染者は延べ1万5694人(実人数1万5654人)となった。

 函館市発表分の新規感染者は30人で、同市でこれまで最も多かった15日の19人を上回り過去最多を更新した。同市によると、15日にクラスター(感染者集団)が発生した同市内の救護施設「明和園」で感染者が16人増えて計29人に拡大した。

 北海道で1日当たり感染者数が100人を超えたのは11日連続。道内では11月下旬をピークに新規感染者が減少していたが、年末年始の人の移動や会食などを受けて増加に転じている。札幌市では12月下旬から、40代以下の若い世代で感染が広がっている。

 16日に死亡が確認されたのは、札幌市の60~80代男性3人と小樽市の年代・性別非公表1人、道公表分の80代男女2人と年代・性別非公表1人。

 新規感染者は、札幌市85▽旭川市2▽小樽市13▽函館市30▽空知地方2▽石狩地方9▽後志(しりべし)地方3▽胆振(いぶり)地方7▽日高地方1▽渡島地方9▽上川地方1▽留萌(るもい)地方4▽オホーツク地方3▽十勝地方18▽釧路地方4-の191人。このほか札幌市で再陽性1人が確認された。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ