PR

ライフ ライフ

安野光雅さん死去 本紙で「安野光雅が描く 洛中洛外」連載

安野光雅さん(斎藤良雄撮影)
安野光雅さん(斎藤良雄撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 本紙で「安野光雅が描く 洛中洛外」を連載し、司馬遼太郎さんの歴史紀行作品の装画も手掛けた画家で絵本作家の安野光雅(あんの・みつまさ)さんが昨年12月24日、肝硬変のため死去していたことが16日、分かった。94歳。通夜、告別式は済ませた。

 大正15年、島根県津和野町生まれ。旧山口師範学校研究科修了。玉川学園出版部に勤務後、東京近郊の小学校で10年ほど美術教師。昭和43年に絵本「ふしぎなえ」で絵本作家としてデビュー。「ABCの本」「天動説の絵本」など視覚的トリックを用いたエッシャー風のだまし絵による絵本で人気を集めた。

 司馬遼太郎さんの歴史紀行「街道をゆく」の装画も担当。欧州や国内各地を旅して温かみのある風景画を描き、本の装丁やエッセーなどの分野でも活躍、柔らかい色調の幻想的な作風は幅広い人気を博した。

 昭和58年にサンケイ児童出版文化賞、59年に国際アンデルセン賞、63年に紫綬褒章、平成20年に菊池寛賞、24年に文化功労者など内外で受賞多数。13年には故郷の津和野町に安野光雅美術館が開館。本紙では令和元年12月まで、「安野光雅が描く 洛中洛外」を連載していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ