PR

ライフ ライフ

【話の肖像画】歌手・郷ひろみ(65)(13)生みの親はジャニーさん

前のニュース

アイドルとして多忙を極めた昭和50年ごろ
アイドルとして多忙を極めた昭和50年ごろ

 《芸名「郷ひろみ」はいきなりステージに上げられた北海道・旭川のイベント会場で自然発生的にかけられた「レッツゴーひろみ!」という声援から、ジャニー喜多川さんが即決した。そして始まった特別待遇…》

 (ジャニーズ事務所の所属タレントが住む)寮にはお手伝いさんがいたんです。しかしある日、ジャニーさんが「今日からひろみと僕の食事は一緒だから」って。他の寮生たちはトーストと目玉焼きなのに、僕だけジャニーさんと一緒でオートミール、ミューズリー(シリアル食品の一種)など。ナニ、これ? これまで見たこともない食べ物で、朝から食生活が一気に変わった。豪華になったんです。(他の寮生はみんな先輩で特別待遇は)内心は嫌だったけど、それがジャニーさんのやり方なんでしょうね。今思えば「この食事に合うような人間になれ」という、僕へのメッセージだったかもしれないという気がしています。

 でも褒められたことは一度もなかった。ものすごく厳しかった。毎回毎回、ダメ出しです。「立っている姿が違う」「目線が違う」とすごくうるさかった。「リズムを取るな」とも言われました。バラードを歌うとき、指先やつま先でリズムを取っていると「そんなことするのはアマチュアだよ、ひろみ。心の中で取るんだよ」。ステージ上では歩いている姿、下がるとき、出るときのスピード…。歌うときは「2階を見なさい。大きく見えるからね。2階を見て『こんにちは』といえば、たとえ2階に人がいなくても1階のみんなが『こんにちは』と言ってくれる」とか。2階を見て声を出すと(発声で大事な要素の)「横隔膜が開く」と後になってわかる。すべての言葉に意味があった。父親のように厳しかったけど、愛情があるからこそだったと、今になったらわかる。“三つ子の魂百まで”といいますが、今でも僕の中ではそういうことが、体に染みついているんです。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ