PR

ライフ ライフ

【本郷和人の日本史ナナメ読み】再考「鎖国はなかった」論(下)膨大な唐物(からもの)はどこから?

堀尾忠晴像(模本、東大史料編纂所蔵)
堀尾忠晴像(模本、東大史料編纂所蔵)

 ぼくは長いこと放送大学で日本中世史の番組作りに参加させていただいています。恩師の五味文彦先生にチャンスをいただいたのが1993年。もう四半世紀も前のこと。一番初めに講師として収録に臨んだときはラジオで、ガラスの向こうにディレクターがいるほかはアシスタントもスタッフも、誰もいない。マイクが1本ぶら下がっているだけ。そんな何の反応も期待できない中、42分半から43分で南北朝時代について講義せよと言われたのです。

 ディレクターに「3、2、1、ハイ!」と合図されたときは、お恥ずかしい話ですが、緊張のあまり足がガタガタ震えました。いま大学はいとも簡単に「コロナ感染を防ぐため、リモートで授業してください」と求めてきますが、甘いとしか言いようがない。リモートで学生に「聞かせる」授業、評価に値する良質な授業がすぐに実施できる教員なんて、そんなにいないと思います。

 ラジオの次にテレビで番組を製作することになり、では聴講生の皆さんに面白い映像を届けよう。それで五味先生とスタッフのみなさんといろいろなところを回りました。五味先生の講義つき(もちろん、無料。なんとぜいたくな!)で新しい発掘の成果などを見学する。これは本当に勉強になったし、面白かった。その中で、島根県安来(やすぎ)市の月山富田(がっさんとだ)城に行きました。この山城は山陰地方に覇を唱えた戦国大名・尼子(あまご)氏(元は守護大名・京極氏の守護代だった)の本拠地で、尼子氏が毛利氏に滅ぼされると毛利一門の吉川元春の城となり、その子の広家の時代には俸禄が12万石。関ケ原の後は堀尾吉晴が入城(24万石)。堀尾氏は松江に築城して移り、城としての役目を終えます。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ