PR

ライフ ライフ

日医会長「今は有事」と危機感 「全国的発令検討すべきだ」

日本医師会の中川俊男会長
日本医師会の中川俊男会長

 日本医師会の中川俊男会長は13日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、政府が緊急事態宣言の対象地域に大阪など7府県を加えたことに関連し、「今後の感染拡大の状況によっては、全国的な発令も検討すべき情勢になっている。このような状況が続けば、強制力をもった行動制限の必要も出てくる」と述べた。

 医療提供体制については「新型コロナの医療とそれ以外の通常の医療が両立してこそ機能しているといえる。両立できなければ医療崩壊だ。緊急事態宣言対象地域は医療崩壊の状態になってきている。感染者数の増加が続くと、医療崩壊から医療壊滅になる恐れがある」と危機感を示した。

 このほか「『人は一生に一度戦争を体験する』といわれる。戦争を有事と置き換えれば、今がそのときだ。危機感、緊張感が完全には戻っていない。若い世代は自分だけでなく、ほかの人の命にも重大な影響を与えることを自覚して、徹底した感染対策をしてほしい」と呼びかけた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ