PR

ライフ ライフ

埼玉県の時短要請、県内全域に 苦境に立つ飲食店

営業時間短縮の要請に応じた居酒屋「あな蔵 浦和店」は、午後2時までだったランチメニューの提供を同8時まで続けることにした=12日午後、さいたま市浦和区(竹之内秀介撮影)
営業時間短縮の要請に応じた居酒屋「あな蔵 浦和店」は、午後2時までだったランチメニューの提供を同8時まで続けることにした=12日午後、さいたま市浦和区(竹之内秀介撮影)

 埼玉県は12日、新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言発令を受けて実施している措置のうち、飲食店などへの営業時間短縮要請の対象を県内全域に拡大した。感染拡大の要因とされる会食の機会を減らすことで、状況の好転を狙う構えだ。要請に応じた飲食店は、ランチ営業の時間を延長するなど、さまざまな工夫をこらして苦境に立ち向かおうとしている。

 埼玉県は11日まで、大規模な繁華街を擁するさいたま市大宮区、川口市、越谷市の店舗を対象に、営業時間を午前5時~午後8時、酒類の提供を午前11時~午後7時の範囲内とするよう求めていた。

 12日からは対象エリアを広げるとともに、「酒類を提供する飲食店」「カラオケ店」に限っていた要請先を「飲食店」「遊興施設等(バー、カラオケボックスなど)」に拡大した。営業時間と酒類提供時間に関しては要請内容の変更はない。要請に応じた場合、1事業者につき1日当たり6万円の協力金を支払う。

 新たに対象となったさいたま市浦和区の居酒屋「あな蔵 浦和店」は、要請に応じて営業終了時刻を午後11時半から同8時に変更した。

 「お客さんはめっきり減り、予約キャンセルも続いている。年明けから仕込んだ分をどう処理すればいいのか…」

 店主の吉田岳史さん(40)は肩を落とす。

 吉田さんは、ランチメニューの提供時間を延ばすことで売り上げの減少を食い止めようと腐心している。午後2時までだったランチ営業を午後8時までに延長し、従来の平日に加えて土日祝日にも行う。「少しでも売り上げを出すために知恵を絞っている」と力を込めた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ