PR

ライフ ライフ

【話の肖像画】歌手・郷ひろみ(65)(11)ジャニーさんとの出会い

 とにかく面接を受けて解放され、僕の頭の中は「不二家のペコちゃん、ポコちゃんだ~」と思っていた。そこにオーディションが終わり、何百人かが会場を出て階段を下りてきた。なぜか一人の男の人がやってきて、「こういう者です」と名刺を差し出してきた。その人がジャニー喜多川さんだったんです。3人で会いました。おふくろいわく、場所は不二家だったらしいのですが、そこでも何を話したのかは覚えていないんです。

 《ジャニーさんからの直接の誘いだった》

 それから2週間くらいして電話がかかってきたんです。おふくろがいなかったので電話に出ると、ジャニーさんから「いついつに遊びに来て」と日にちを指定された。大人の誘いは断れないですよね。帰ってきたおふくろは「あんた、何て言ったの?」って。「『はい、行きます。分かりました』と言った」と答えました。さすがの母もオーディションのときにパーンとたたいて「あんた、一度口にしたことは…」と言った手前、やめなさいとは言えなかったんでしょうね。

 約束の日に行きました。渋谷駅を降りて一人で。今は開発されていますが、当時は宮益坂近くの木下ビルというのがあって、そこに(ジャニーさんの事務所に所属するタレントの)合宿所があったんです。近くまで行くとビルの入り口近くに女の子たちがいっぱいいた。「これは行けないよな」と思い、その辺を一周して、「でもやっぱり行かなきゃまずいよ」と思いなおして度胸を決めて入った。きっと女の子たちには「何よ、この子…」と思われていたんじゃないかな。(聞き手 清水満)

次のニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ