PR

ライフ ライフ

北海道で10人死亡、181人感染 札幌で46人経路不明

 北海道と札幌、旭川、小樽、函館の4市は8日、道内で新型コロナウイルスに感染した10人が死亡し、新たに181人の感染が確認されたと発表した。道内の1日当たり感染者数は3日連続で100人を超えた。

 このうち札幌市発表分は死者3人と新規感染者94人で、新規感染者のほぼ半数の46人が感染経路不明となっている。

 小樽市発表分は死者2人と新規感染者29人。昨年12月30日にクラスター(感染者集団)が発生した病院の新たな感染者が入院患者1人にとどまる一方、市内の新規感染者は今年最多となった。

 小樽市の担当者は「年末年始に家庭内外で複数が集まった飲食の場での感染者が増え、その濃厚接触者の検査で陽性確認が多くなっている」と話している。

 道内の死者は計496人、感染者は延べ1万4314人(実人数1万4277人)となった。

 亡くなったのは、札幌市・80~90代男女3▽小樽市・年代と性別非公表2▽道公表分・70~80代男女4▽同・年代と性別非公表1-の計10人。

 新たな感染者は、札幌市94▽旭川市3▽小樽市29▽函館市8▽空知地方3▽石狩地方6▽胆振(いぶり)地方9▽渡島地方1▽上川地方3▽オホーツク地方2▽十勝地方17▽釧路地方3▽根室地方2▽その他1-の計181人。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ