PR

ライフ ライフ

肺炎患者も使用可能に 新型コロナ治療薬レムデシビル

 厚生労働省は、新型コロナウイルス感染症の治療薬「レムデシビル」の投与対象について、人工呼吸器などが必要な重症患者だけでなく、中等症以上となる肺炎患者全般に広げると発表した。7日付で添付文書が改定された。担当者は「臨床試験のデータから有効性のエビデンスが示されたため」としている。ただ、世界的な感染拡大で国内の供給量を急増させることは難しいため、当面の対象は現状の重症患者のみとなる。

 レムデシビルは米製薬会社ギリアド・サイエンシズが開発。世界約50カ国で承認、一時的な使用が認可されている。

 厚労省は昨年5月、新型コロナの治療薬としての使用を特例承認した。昨年12月中旬までに約8千人に投与されている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ