PR

ライフ ライフ

【話の肖像画】歌手・郷ひろみ(65)(7)運とツキを逃さないために

 《ゴルフにも仕事並みの向上心で臨む》

 興味を持って始めたこと、あるいは一大決心をして始めたことは続ける価値があると思っているんです。ゴルフもそのひとつです。本格的に取り組み始めたのは「シングルプレーヤーになりたい」と思った30代半ばですね。シングルプレーヤーは日本のゴルフ人口のわずか7%ほどと聞きました。僕もそこの仲間入りがしたいと思ったんです。継続することは僕の特技みたいなもので、やり続けているとそれまで見えていなかったものが見えてくることもある。暇さえあれば練習場に通い、暇でないときでも時間を作って真剣に取り組み、念願のシングルであるハンディキャップ8を取得したんです。

 ベストスコアは2オーバーの74です。別のゴルフ場ですが、ハーフベストは2アンダーの34。3バーディー、1ボギーでした。現在は以前ほどの力はありませんが、今でもプロギアの宮川まもるさんというティーチングプロに月1度ほどレッスンを受けています。今の方が真摯(しんし)にゴルフに取り組んでいる気がしますね。歯を食いしばって目標に向かい続ける。ゴルフも仕事と一緒で、自分に甘えなかった人間に結果が伴うと思っているんですよ。(聞き手 清水満)

次のニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ