PR

ライフ ライフ

【話の肖像画】歌手・郷ひろみ(65)(7)運とツキを逃さないために

前のニュース

ゴルフでもラッキーナンバーを大切にしている
ゴルフでもラッキーナンバーを大切にしている

 《運とツキを逃さないため、ストイックな日常を重ねる。そのうえで意識しているというのが「ラッキーナンバー」だ。信じたその数字が昨年11月、“幸運”を呼び込んだ》

 「人は誰でも生まれたときからラッキーナンバーがあって、それは生年月日で決まる」という説があります。それによると、僕のラッキーナンバーは“2”と“7”です。信じる、信じないは人にもよりますが、この数字は生涯変わらないというので、僕は日常生活でも意識していろいろなところで使っています。たとえばゴルフのキャディーバッグには“27”を刺繍(ししゅう)し、ボールにも“27”を刻印しています。

 実は、昨年11月27日に人生初のホールインワンを達成したんです。場所は男子ツアーのゴルフ日本シリーズJTカップが開催される東京よみうりカントリークラブです。大会直前だったため、グリーンは本来使用するベントではなく、高麗でしたが…。2番のパー3、167ヤードを7番アイアンで打ちました。打った瞬間、いいボールだなという感触はあった。(グリーンに)乗ったなという感覚もあった。理想的なボールでポーン、ポーンと跳ねたあと、スーッと転がって。同伴者が「これは近いですよ~、あ~、消えた、入った~」って。僕も入った瞬間を見ていましたが、結構遠かったので「あれ?」という感覚でしたね。後ろの組のキャディーさんも見ていたと思います。でもホールインワン保険に入っていなかったんですよ。で、あわてて入ったんですが、遅いんだって(笑)。でも1度やると2度目があり、さらに「二度あることは三度ある」といいますから…。

 何が驚いたというと「27日、2番ホール、7番アイアン、令和2年」。僕のラッキーナンバーの“2”と“7”しかないんですよ。打ったボールには赤いマークで“27”と刻印され、キャディーバッグもそう。よくみんなから聞かれるんですよ、「(郷ひろみの)“5”じゃないんですか?」と。ボールには“5”も小さく入っているんですけどね。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ