PR

ライフ ライフ

【菅首相記者会見詳報】(1)「大変な危機感。感染を減少傾向に転じさせる」

1都3県に緊急事態宣言を発令し会見で国民に協力を呼びかける菅義偉首相=7日午後、首相官邸(春名中撮影)
1都3県に緊急事態宣言を発令し会見で国民に協力を呼びかける菅義偉首相=7日午後、首相官邸(春名中撮影)

 菅義偉(すが・よしひで)首相は7日夕、官邸で記者会見を開き、新型コロナウイルスの感染が急拡大したことを受け、東京、埼玉、神奈川、千葉の1都3県に緊急事態宣言を再発令することを明らかにした。会見の詳報は以下の通り。

 「先ほど、新型コロナ対策本部を開き、緊急事態宣言を決定しました。対象は東京、千葉、埼玉、神奈川の1都3県であります。期間は1カ月」

 「第1に飲食店の20時までの時間短縮。第2にテレワークによる出勤者数の7割減。第3に20時以降、不要不急の外出の自粛。第4にスポーツ観戦・コンサートなどの入場制限です。昨年11月以来、専門家のご意見に沿って、(観光支援事業)『Go To トラベル』を順次停止し、飲食店の時間短縮を要請いたしました。早期に時間短縮に取り組んでいただいた地域では、その効果が表れ、感染者を抑えることができています」

 「現在の感染の中心は1都3県であります。この2週間で、全国平均の感染者数の約半分がこの1都3県に集中いたしております。年末年始から本日に至るまで感染者数はきわめて高く、本日東京では2400人を上回るなど、厳しい状況であり、大変な危機感を持っております」

 「こうした中、何としてもこれ以上の感染拡大を食い止め、感染を減少傾向に転じさせる。そのために今回の緊急事態宣言を決断しました。そうした決意の下に、効果のある対象にしっかりとした対策を講じます。1年近く対策に取り組む中で学んできた経験をもとに、徹底した対策を行います」

 「その代表にまず挙げられるのが飲食による感染リスクです。専門家も東京で6割を占める経路不明の感染の原因の多くは飲食が原因であると指摘されています。今回の宣言に当たり、飲食店については20時までの時間短縮を徹底します。お酒の提供は19時までとすることを要請します。本日の政令改正によって、各知事が要請に従わない飲食店(の店名を)を公表することも可能になります」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ