PR

ライフ ライフ

自民・下村政調会長「ギリギリの段階で判断」 緊急事態宣言

自民党・下村博文政調会長
自民党・下村博文政調会長

 自民党の下村博文政調会長は7日、政府が新型コロナウイルスの感染拡大を受け、東京など1都3県に対する緊急事態宣言を再発令することについて「感染対策はまさに危機管理だ。適切に判断した」と述べた。野党はタイミングの遅れを批判しているが、下村氏は「年末、年明け早々に急激に感染者が増え、医療関係が逼迫してきた中でギリギリの段階で判断した」と説明した。党本部で記者団に語った。

 下村氏は「感染の急拡大を抑えるため、(政府の)措置に協力と理解をお願いしたい」と国民に呼びかけた。

 一方、与野党が国会議員の会食ルールの決定を見送ったことについて、下村氏は「それぞれ大人だから、自分で国民に批判されないような判断を適切にすると思う。私自身も気を付けたい」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ