PR

ライフ ライフ

【話の肖像画】歌手・郷ひろみ(65)(6)一流と「超」一流の違いは

 朝は6時か、7時には起きる。こういう仕事をしている割には早いと思います。毎朝、神棚に水をお供えし、“二拝二拍手一礼”します。「拝む」は腰を90度に曲げる。手が膝までくれば大体90度になるんです。50年間、歌っている。そこには才能とか、頑張りだけではない。運、ツキもあります。ツキを持っていることも大事なんです。目に見えない何か、それはツキという力なんだよな、と。だから自然と拝んでおこうという気持ちになる。生かされているという感覚。その“ツイてるな~”という言葉に甘えないことが、拝むという行動になり、それが頑張りに結びついている。

 超一流という言葉があります。僕の中で持論があって、(ゴルフの)タイガー・ウッズとか、(バスケットボールの)マイケル・ジョーダンという人たちは、他の人と何が違うんだろう。一流と超一流の違い。それはすべてを兼ね備えていて、さらにツキがあること。ツキは自分に甘えなかった人間に舞い降りる。それをわかっていて、なおかつ努力していった人間が、一流から“超”一流になれるんじゃないかと思っています。(聞き手 清水満)

次のニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ