PR

ライフ ライフ

【話の肖像画】歌手・郷ひろみ(65)(5)「今日ぐらいいいか」はダメ

 たとえば、ベンチプレスで(バーベルの)10回の上げ下げをする。その場合に大事なのは終盤の8、9、10回目です。最後は上がらなくてもいい。フォームが崩れるのは絶対ダメです。崩れるのは胸で上げていないで、肩を使って上げているから。それでは大胸筋を鍛えたことにはならない。上がらないなら止める勇気が必要です。ゴルフでいえば、林に打ち込んでしまったとき、「ギャンブルで狭い空間を狙うか、いや、ここは思い切って安全な場所へ出そう」というくらいの勇気です。むやみにやり続けると、腰や肩など関節に負担がかかり、大切な部分を痛めかねない。正しくやって初めて効果が出るんです。だからこそ軽めのウエートで始め、進捗(しんちょく)状況によって増やしていけばいいんです。

 基本的にスクワットだけは毎日1分間、40回ぐらいやるようにしています。それに月に1度は歯医者に行きます。予防検診ですね。虫歯はない、歯周病もないです。この歳にしては珍しいといわれますよ。よく年を取ると歯茎が下がるといわれますが、僕はない。それは普段から(小まめな歯磨き、予防などを)やっているたまものなんです。普段からずっとやってないとなかなか難しい。普段って、この1回というのは大事なんですよ。僕もそうですが、今日ぐらいやらなくてもいいかと思っちゃうと、大体その気持ちが2回、3回と増えていく。だから今日ぐらいいいか、という考えは実は大きいんです。トレーニングもそうですが、何事も地道に継続することは大事なんです。(聞き手 清水満)

次のニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ