PR

ライフ ライフ

緊急事態宣言でも共通テスト実施、一斉休校は要請せず 文科省決定

文部科学省
文部科学省

 文部科学省は4日、緊急事態宣言が出ても、小中高校と大学の一斉休校は要請せず、16日から始まる大学入学共通テストは予定通り実施することを決めた。本格化する入試シーズンを前に、影響を最小限に抑える考えだ。萩生田光一文科相が5日午前に記者会見し、正式表明する。

 萩生田文科相はかねてから「緊急事態宣言が出ても必ず共通テストは実施する」と繰り返していた。同テストは国公立大のみならず、多くの私立大が入試で利用することから、文科省の担当者は「中止や延期をした場合の影響は計り知れない」と説明。同テストを運営する大学入試センターの担当者も「やらない選択肢はない」と話した。受験生にはマスク着用を義務づけるなどして感染対策に万全を期すという。

 文科省は、その後の各大学による個別試験についても、「受験生が会場で誰かとしゃべるわけではないし、きちんと感染予防対策をしていれば実施は可能」(担当者)としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ