PR

ライフ ライフ

午後8時閉店「苦しい」 緊急事態宣言検討で飲食店ため息

東京・新宿の飲み屋街=4日午後、東京都新宿区(松本健吾撮影)
東京・新宿の飲み屋街=4日午後、東京都新宿区(松本健吾撮影)

 官庁や多くの会社が仕事始めを迎えた4日、政府は新型コロナウイルスの感染拡大が深刻化している東京都など首都圏1都3県に対し、緊急事態宣言を再度発令する検討に入った。「苦しいが仕方ない」「もっと早く出せなかったのか」。新年を迎えても収まらないコロナ禍。営業時間の短縮要請を受ける飲食店からはあきらめの声が聞かれる一方、首都圏の人々からは批判や注文も相次いだ。

 「午後8時閉店だとラストオーダーは午後7時。普段、お客さんが集まりだすのは午後6時半ごろなので、選択肢から外れてしまう」。東京・新橋のビアホール「ビアライゼ’98」社長の松尾光平さん(55)は、ため息をついた。

 政府に緊急事態宣言の再度発令を要請した4都県は、飲食店に要請する閉店時間を午後8時に前倒しすることで一致。松尾さんは「うちは時短要請に従うつもりだが、4月の(緊急事態宣言発令の)ときは従った店も、今回どれだけが従うだろうか」と心配する。

 新宿三丁目にある焼き鳥店「やきとり酒蔵庄助」でも、似た悩みを抱える。店長の長川政治さん(65)は「苦しいけど仕方ない」と時短要請を受け入れる見込みだが、店は夕方開店し、1時間半~2時間程度滞在する客が多い。「午後8時は『さあ、これから』という時間。せめて午後9時にしてくれれば…」。近くのバー「KOHAKU」の荻田優子店長(47)は「うちは午後6時開店なので、2時間しか開けられない」と嘆いた。

 現在、都が行っている飲食店への時短要請は、酒類を提供しない店は対象外だが、緊急事態宣言が発令されれば、酒類を提供しない店も対象となる見込み。新宿区で深夜営業する喫茶店の女性店長(36)は「時短要請は仕方ない」としつつ、「4月の緊急事態宣言で時短営業をした際には、夜に営業しない分、お客さんが昼に集中した。深夜まで営業した方が(密にならず)むしろいいかも」と、複雑な胸中を表した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ