PR

ライフ ライフ

時短要請、午後8時閉店で最終調整 首都圏知事がテレビ会議開催へ

面談後、報道陣の取材に応じる(右から)神奈川県の黒岩祐治知事、小池百合子都知事、西村康稔経済再生担当相、千葉県の森田健作知事、埼玉県の大野元裕知事=2日午後、東京都千代田区(宮崎瑞穂撮影)
面談後、報道陣の取材に応じる(右から)神奈川県の黒岩祐治知事、小池百合子都知事、西村康稔経済再生担当相、千葉県の森田健作知事、埼玉県の大野元裕知事=2日午後、東京都千代田区(宮崎瑞穂撮影)

 東京都と神奈川、千葉、埼玉の3県は4日、新型コロナウイルス感染防止対策を強化するため、飲食店などへの営業時間短縮要請の閉店時間を午後8時に前倒しする方向で最終調整を進めた。応じた場合に支払う協力金の額は引き上げる方針。関係者によると、共同で午後8時以降の不要不急の外出自粛、テレワークの徹底なども求め、1都3県の「緊急事態行動」として人の流れを抑制したい考えだ。

 1都3県の知事は4日午後7時半からテレビ会議を開催する。政府の緊急事態宣言発令に向けた検討状況も踏まえ、スケジュールなどに関して詰めの協議を行っている。テレワークの要請では1都3県でそれぞれ目標を設定する案があり、調整を続けている。

 小池百合子都知事は4日正午すぎ、「スピードと実効性が大事だ。営業時間短縮だけでなく、テレワーク、時差通勤なども1都3県で効果のある方法でやっていく」と述べた。 

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ