PR

ライフ ライフ

小池知事「かつてない第3波」 緊急事態宣言要請の可能性に言及

モニタリング会議で発言する東京都の小池百合子知事(中央)=30日午後、都庁
モニタリング会議で発言する東京都の小池百合子知事(中央)=30日午後、都庁

 東京都の小池百合子知事は30日に臨時記者会見を開き、都内の新型コロナウイルスの感染状況について「かつてない大きさの第3波が襲ってきており、いつ感染爆発が起きてもおかしくない」と危機感を表明した。「年末年始で感染を抑えなければ厳しい局面に直面し、(国に)緊急事態宣言の発出を要請せざるをえなくなる」と述べ、会食や帰省を控えるなどの徹底した感染対策を求めた。

 都内で30日に報告された新規感染者数は944人。26日の949人に次いで過去2番目の多さとなり、減少の兆しが見えない。

 小池氏は「感染はいま、この瞬間も勢いを増している。年末年始は感染拡大を食い止められるか否かの分水嶺(ぶんすいれい)」と指摘。人の流れを抑え、接触を避けることが重要とし、「命を優先し、いつものお祝い事、楽しみはあきらめて」と呼び掛けた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ