PR

ライフ ライフ

菅首相発言全文「国民の命守る」 特措法改正「できるだけ早く」

出邸時、記者団の取材に応じる菅義偉首相=28日午前、首相官邸(春名中撮影)
出邸時、記者団の取材に応じる菅義偉首相=28日午前、首相官邸(春名中撮影)

 菅義偉(すが・よしひで)首相は28日午前、官邸で記者団の質問に応じ、全ての国・地域からの外国人の新規入国を同日から来年1月末まで一時停止したことについて、「国民の命と暮らしを守るために発表した」と述べた。新型コロナウイルスの変異種の国内侵入を防ぎたい考えだ。首相の発言全文は次の通り。

 「金曜日(25日)の会見で、変異種については迅速に対応すると申し上げました。現状を分析して、国民の皆さんの命と暮らしを守るために、先手先手に対応するために、土曜日(26日)に方針を指示し、全世界から外国人の新規入国者の停止を発表させていただきました。感染力が強く、イギリスではウイルスがこの変異種に変わってきているといわれている。ただ、対策は従来のウイルスと一緒であり、国民の皆さんには、手洗い、マスク(着用)、感染症対策を徹底しておこなっていただきたい。そしてまた、静かな年末年始をお過ごしいただきたい。このように思っています」

 --新型コロナに対応するための特別措置法の改正について、政府が1月の法案成立に向けて調整中だとの一部報道がある

 「まず時間短縮(要請)をより実効的なものにするために、特措法改正を視野に入れていることは事実であります。ただ、専門家の皆さんの議論が始まったばかりですので、そうした状況も含めながらできるだけ早く国会には提出を致したい。そういう思いです」

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ