PR

ライフ ライフ

水際阻止に限界 より強い感染抑止対策を コロナ変異種

東京・渋谷のスクランブル交差点をマスク姿で歩く人たち=26日午後
東京・渋谷のスクランブル交差点をマスク姿で歩く人たち=26日午後
その他の写真を見る(1/2枚)

 英国から日本に到着した男女5人に続き、26日に東京都内で男女2人から見つかった感染力の強い新型コロナウイルスの変異種。空港検疫など水際での流入阻止には、限界があることが明らかになった。国内で感染が急拡大すれば、医療機関のさらなる負担増が避けられず、より強い感染抑止対策を求める声もある。

 「国内で流行が拡大しているわけではないと受け止めている。変異種を国内に入れない対策が必要になる」。国内で初めて変異種が確認された25日夜、会見した国立感染症研究所の脇田●(=隆の生の上に一)(たか)字(じ)所長は空港検疫で見つかった成果を強調した。

 ところが、一夜明けた26日、英国に渡航歴のある男性とその家族の変異種への感染が判明した。政府は同日、英国と南アフリカに滞在歴があった場合、日本人でも入国後3日目の検査で陰性が確認されるまで隔離するなどの対応を始めたばかりだった。

 東京医科大の濱田篤郎教授(渡航医学)は「水際対策は時間稼ぎ。完全に“鎖国”しなければ、いずれ国内に入ってきてしまう」と指摘。「国際空港のある大都市圏、特に東京は注意が必要だった」という。

 従来の最大7割強い感染力。国内流入が与える脅威はどの程度なのか。脇田氏は「マスクや手洗い、三密を避けるなどリスク行動を避ける対策は今までと何ら変わらない」とする一方で「国内で流行が拡大すると、現在の流行をさらに広げる」と警戒感を示す。

 英国では11月下旬に1日当たりの感染者を1万数千人に抑え込んだが、今月下旬には約4万人となり、1カ月で3倍に増加している。致死率や重症化に関わる病原性の強さは判然としていないが、「感染者が今以上に急増すれば、医療機関が逼(ひっ)迫(ぱく)し、医療崩壊という形で重症化が進む可能性はある」(濱田氏)。

 東京では26日の新規感染者が949人と最多を更新し、感染拡大に歯止めがかからない。濱田氏は「国内の感染状況をみれば、抑止対策が十分とはいえない。東京は感染者数を減らすための対策強化を行う時期に来ている」と強調した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ