PR

ライフ ライフ

NIE全国大会発表 新聞で世界とのつながり考える 都立田柄高

 外国にルーツを持つ生徒と一緒に、新聞を通して世界とのつながりを考える授業に東京都立田柄(たがら)高校で取り組んだ高橋伸明教諭(31)=現都立新宿高。戦争や持続可能な開発目標(SDGs)、ジェンダーなど1年間で6テーマを設け、知識や思考力、表現力が身に付くように工夫した。

 生徒の3割以上が外国にルーツがある田柄高。高橋教諭によると新聞を読んだことがある2年生は5%。多くは、インターネットや映像に利便性などを感じていた。

 生徒が「日本の課題」としてテーマに選んだ男女平等やジェンダーの授業の冒頭では、動画でノーベル平和賞受賞者のマララ・ユスフザイさんや俳優のエマ・ワトソンさんの国連でのスピーチを聞き、関心を高めた。

 その後、新聞を使って当事者の証言や数字などのデータ、関連記事を読み込んだ。生徒が事実と自分の考えを分けて整理し、他の生徒と話し合いながら理解を深められるよう促した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ