PR

ライフ ライフ

日本海側中心に大雪、しけ 交通障害に警戒呼び掛け

19日18時現在のひまわり雲画像
19日18時現在のひまわり雲画像

 気象庁は19日、北日本から東日本の日本海側を中心に、20日にかけて大雪や大しけになる所があるとして、積雪や路面の凍結による交通障害や高波への警戒、雪崩や着雪に注意を呼び掛けた。

 気象庁によると、上空約5千メートルには北日本で氷点下36度以下、東日本で氷点下30度以下の寒気が流れ込み、冬型の気圧配置が強まった。

 20日午後6時までの24時間予想降雪量は、いずれも多い所で、関東甲信、北陸80センチ、東北60センチ、北海道40センチ。その後の24時間は東北、北陸30~50センチ、北海道、関東甲信20~40センチの見通し。20日までの波の高さは北海道、北陸6メートル、東北5メートルの見通し。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ