PR

ライフ ライフ

冬場の換気、悩む飲食店 CO2濃度チェックも…「調整難しい」

 文部科学省の学校環境衛生基準では、新型コロナの感染拡大前から教室内は1500ppm以下が基準とされているが、同省の過去の研究では実際は2千ppmを超えていた事例も報告されている。

 二酸化炭素濃度など3密の程度を可視化するシステムを供給するシステム会社「ウフル」(東京都港区)によると、普段の数値は飲食店や空港など、測る場所によって400~数千ppmまで幅が出てくる。同社は特定の数値ではなく、普段の値からどれだけ悪化しているかを基準に可視化することを推奨している。

■研究進んでない

 そもそも、厚労省などが目安の数値を発表しているとはいえ、新型コロナと二酸化炭素濃度との明確な関係については研究が進んでいないのが実情だ。

 欧州暖房換気空調協会は、学校などでは800ppmならオレンジで注意、1千ppmなら赤で警告するなどの方策を推奨するが根拠は主に過去の知見だ。

 北海道大大学院の林基哉(もとや)教授(建築衛生学)は「感染リスクに関わる二酸化炭素濃度の具体的な数値は出せる段階にない」とした上で「換気をよくすることは重要。寒さに注意しながら換気量を確保するため、1千ppm以下になるようモニターすることは有効だ」としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ