PR

ライフ ライフ

LRT車両愛称投票受付中 「雷都を未来へ」踏まえ4候補 宇都宮市など

次世代型路面電車(LRT)車両の完成イメージ(宇都宮市提供)
次世代型路面電車(LRT)車両の完成イメージ(宇都宮市提供)

 宇都宮市と栃木県芳賀町は、令和4年3月開業に向けて整備中の次世代型路面電車(LRT)の車両愛称を決めるアンケートを実施している。車両は来春に納入される予定で、4つの候補から選定する。

 車両デザインのコンセプトとなった「雷都を未来へ」を踏まえて、候補を絞った。雷都とLINEの造語「ライトライン」(LIGHTLINE)▽宇都宮市周辺の東西を結ぶ東(EAST)と西(WEST)の頭文字から「ウィライト」(WELIGHT)▽未来と乗る(RIDE)を組み合わせた「ミライド」(MIRIDE)▽未来と雷都、走る(RUN)による「ミライトラン」(MILIGHTRUN)-の4つ。

 車両は、雷光をイメージできる黄色をシンボルカラーに、流れるような前頭形状と、L字形の色使いが特徴的なデザイン。決定した愛称は車体に表示する。

 投票は、LRT公式サイト(https://u-movenext.net/)のほか、同市役所や地区市民センターなどの投票ボックス、所定用紙でのファクスで受け付ける。投票は来年1月15日までで、3月中に愛称を決定する予定。

 同市LRT企画課では、同サイト内に車両製造の進捗(しんちょく)状況を写真掲載するページも開設。「愛称の参考に」と話している。(松沢真美)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ