PR

ライフ ライフ

サプリ販売会社に業務停止 定期購入で条件小さく記載

 消費者庁は18日までに、インターネット通販サイトで定期購入契約や解約条件を分かりづらく記載していたとして、特定商取引法に基づき、東京都新宿区のサプリメント販売会社「Kanael(カナエル)」に広告や売買契約締結などの業務の一部停止命令を出した。期間は6カ月間。17日付。

 全国の消費生活センターには昨年3月以降、「解約できない」といった相談が2000件以上寄せられていた。

 消費者庁によると、同社はバストアップ効果をうたうサプリ「True up(トゥルーアップ)」を販売。サイトの注文確認画面で2回目以降の代金や、購入者からの解約通知がない限り無期限の契約であることを明記せず、解約条件も小さく表示していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ