PR

ライフ ライフ

日本の伝統守る職人ら 門松づくりが最盛期

正月飾りの門松作りが最盛期を迎えている門松工房「創志」=9日午前、千葉県東庄町(萩原悠久人撮影)
正月飾りの門松作りが最盛期を迎えている門松工房「創志」=9日午前、千葉県東庄町(萩原悠久人撮影)

 千葉県東庄町の門松工房「創志」で正月飾りの門松作りが最盛期を迎え、約30人の職人らが作業に追われている。

 同社は創業26年。扱う門松は1メートルあまりの小柄なものから2メートル40センチのものまで9種類あり、24日までに計1100対を生産するという。

 代表の山田博志さん(53)は「今年は工房に新人も9人加わった。日本の伝統を絶やさないようにという思いでやっている」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ