PR

ライフ ライフ

新型コロナ抗体保有0・15%、神戸大1万人調査

 神戸大の研究チームは17日、兵庫県内の病院などで採取した約1万人の血清を検査したところ、約0・15%が新型コロナウイルスに感染していたことを示す「中和抗体」を持っていたと発表した。抗体検査では国内最大といい、県内での感染率は極めて低いと分析をまとめた。

 チームによると、感染拡大の第2波の時期にあたる8月6日~10月1日の間、同県内の5病院と検診施設から提供を受けた外来や入院患者ら計1万377人の血清を解析。4種類の抗体キットを利用して信頼性を高め、発熱外来の患者や医療従事者は対象から外した。その結果、0・15%にあたる16人からウイルスに感染していたことで再感染を防ぐ中和抗体が見つかった。同県内では10月1日までに約6千人が感染していたことが示唆され、当時県が把握していた感染者数約2700人の2倍以上になるという。

 また、血清は感染者の多い大阪府と隣接する阪神地域から、西に離れた播州地域までの病院や施設で採取されたが、大阪からの距離に関わらず各施設で抗体率に変化はみられなかった。

 同大大学院医学研究科付属感染症センター長の森康子教授は「兵庫では思った以上に感染率が低いが、その分多くの人にリスクがあるため、継続的な感染防止対策は必須だ」と訴えた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ