PR

ライフ ライフ

Go To停止で正月様変わり 帰省やめ 高級おせち飛ぶ売れ行き

日本橋高島屋のおせち予約特設コーナー=16日午後、東京都中央区(萩原悠久人撮影)
日本橋高島屋のおせち予約特設コーナー=16日午後、東京都中央区(萩原悠久人撮影)

 新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めがかからず、政府の観光支援事業「Go To トラベル」が年末年始に停止される。帰省をはじめとした都心から地方への人の流れが抑えられ、お正月の風景に影響を与えそうだ。お年玉、おせち、初詣…。お正月に関わる人々は工夫を迫られている。(荒船清太)

 《ネットによるご祈祷(きとう)と授与品のお申込みを開始いたしました》

 三が日は例年、東京などの勤務先から帰省してきた秋田県出身の参拝客10万人ほどが訪れてきた秋田市の太平山三吉神社。「Go To」停止などで今季は大幅な参拝客の減少を見込み、サイト上で遠隔祈祷の受け付けを始めた。

 年間収入の3割超を占める年末年始のお守りなどの売り上げやお賽銭(さいせん)も今季は見込めない。田村泰教宮司は「神様にとってはいつ参拝するかは同じ。分散参拝が増えそうだ」と予想する。

 「Go To」停止の余波を受けているのはお年玉も同じ。雑貨チェーン「東急ハンズ」ではお年玉を入れるポチ袋の売れ行きが鈍いという。広報担当は「今年は孫が帰省せず、お年玉を渡す機会が減っているのではないか。ただ、郵送してでもお年玉を送りたい需要もある」と明かす。

 旅行需要の減少が、おせちを高級化させている側面もある。東京都中央区の百貨店「日本橋高島屋」の広報担当者は「旅行代が浮いた分を豪華なおせちにあてているのか、5~10万円の高級おせちが飛ぶように売れている」と話す。自宅と地方の両方に同じおせちを送り、空間は離れても楽しみだけは共有する客もいるという。

 旅行の減少を食い止めようと、独自のキャンペーンを始めているのが宿泊施設だ。

 沖縄県石垣市のホテル「THIRD石垣島」では「Go To」停止が報じられた翌日の15日から、「Go To」分の35%の割引を独自に実施するプランを発表した。

 殺到していた電話はキャンセルから予約に変わったといい、同ホテルの担当者は「停止前にさまざまなプランを検討してよかった」と一安心。体調不良によるキャンセルは無料にするなど、感染対策にも気を配っており、佐々木優也代表取締役も「一日でも早く安心安全に旅ができる世界になってほしいと心から思っています」と発信している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ