PR

ライフ ライフ

英科学誌、今年の10人にテドロス氏ら コロナ対応を評価

世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長(ロイター)
世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長(ロイター)

 英科学誌ネイチャーは15日、科学分野で活躍したり話題になったりした今年の10人に、新型コロナウイルス感染症の対応に当たった世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長や、米国立アレルギー感染症研究所のファウチ所長らを選んだと発表した。

 テドロス氏はコロナ対応で各国を結集させたと指摘。ファウチ氏は「トランプ米大統領が広めた誤った情報に対抗し、信頼できる情報を提供した」と評価した。ニュージーランドのアーダン首相も選定。迅速な行動を起こし、国際的に称賛されたことを理由に挙げた。中国・武漢市で大流行の脅威をいち早く認識し、都市封鎖を中央政府に訴えてウイルスの拡散を遅らせたとして中国の疫学者、李蘭娟氏も選んだ。

 他の分野では、米国の白人警官によるジョージ・フロイドさん暴行死の後、人種差別への問題意識を高めるために研究活動を1日停止する運動をした米国の研究者らを選んだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ